最恐・怪1グランプリ:和歌山県の怪談 怪奇現象を呼ぶ人形

昔から語られているらしい和歌山にある曰く付きの人形が集まる神社で、この場所では夜な夜な怪奇現象が起こるという噂がありました。

問題の神社は1700年というかなり長い歴史がある淡島神社とい言う所で安部麻美が夜に調査に行きますが全国的に有名な髪の伸びる人形が保存されていて・・・

かつて稲川淳二さんがが淡島神社に行ったときに体験した事の実話怪談などもあります。
続きはこちら・・・



稲川淳二のねむれない怪談

稲川淳二さんが司会進行で中村豪・ハチミツ二郎・島田秀平・岩井志麻子・我修院達也・辰巳奈都子などの芸人、タレント、アイドル、文化人などが集まってねむれなくなるような怪談を語る企画です。

話す順番は名前が書かれたサイコロのような物を振って決めているようです。

トップバッターは島田秀平で、ある物件で起きたという「13階段」という聞いた人に覚えておいてほしい話をします。

さらにメインの稲川淳二さんが語る「青木ヶ原樹海での撮影」「奥多摩の宿坊」などの相当に怖い話もあります。
続きはこちら・・・



こたえてちょーだい:学校の怪談

冒頭で稲川淳二さんが「修学旅行」という怪談を話します。自身の従弟が修学旅行で京都に行ったときに泊まったお寺の宿泊施設で起きた出来事を語ります。

今回は学校の怖い話にまつわるお話で、体験者談の再現ドラマが多数出ます。

「学校の七不思議」で福島県に在住の当時15歳の女性の方に起きたとんでもない恐怖の体験から始まります。ある日の放課後に友人と実際にはない七不思議を作る事に・・・
続きはこちら・・・



2時ドキッ!検証!心霊写真

これは2001年8月2日に放送された番組の心霊写真の部分の動画です。

悪霊、怨霊、地縛霊、背後霊、それは死者がこの世に思いを伝えるために霊界から現れた姿かメッセージなのか・・・

前半は写真の専門家が説明できない謎の写真を解明すべく神奈川県にある円光寺の四十九代目住職の織田無道さんを訪ねます。最初に解明するのは、奈良県にすむ男性が撮った息子の写真に見える不可解な顔です。

後半は稲川淳二さんがゲストで出て、高野山太師教会の大川明究さんという方が身の毛もよだつ心霊写真の解説をしていきます。
続きはこちら・・・



怪談グランプリ2018:10周年記念SP チャンピオン大会

2009年以来10年にわたって数々の怪談師を世に輩出してきた稲川淳二の怪談グランプリ。今回は優勝した歴代チャンピオンを召集してチャンピオンバトルを開催します。

今回参戦するのは歴代の優勝者で「都市伝説の貴公子」島田秀平、「オカルトコレクター」田中俊之、「怪談住職」三木大雲、「和歌山の暗黒怪談師」竹内義和、「怪談アミーゴ」ありがとうぁみ、「呪われた一族の末裔」早瀬康博。

さらに予選を勝ち残った2名の「道頓堀の光と闇」渡辺裕薫、「地獄の長」伊藤えん魔も参戦します。

審査員は怪談界の神様稲川淳二、松竹の若大将増田英彦(ますだおかだ)、オカルト界のトップランナー山口敏太郎、最恐のグラビアアイドル小倉優香、角由紀子(オカルト雑誌TOCANA編集長)。司会は岡田圭右(ますだおかだ)、アナウンサー中島めぐみです。スタジオにいる一般審査員100名も審査に加わります。
続きはこちら・・・



怪談グランプリ2018:予選サバイバルバトル

怪談GP10周年記念の予選です。今回は2夜開催で予選は100人の一般客が最も怖かった人の名前を書いて1位と2位の方が本選のチャンピオン大会に出演できます。

出演者は怪談界の神様稲川淳二、オカルト界のトップランナー山口敏太郎、ますだおかだの岡田圭右、司会は関西テレビアナウンサー堀田篤です。

予選サバイバルバトルで怪談を語るのは過去に出演した事がある実力派怪談師達で、事故物件住みます芸人松原タニシ、盗聴ハンター渋谷泰志、琉球怪談ライター小原猛、幽霊特使愛の語り部満茶乃、火葬場ミュージシャン下駄華緒、道頓堀の光と闇シンデレラエキスプレス渡辺裕薫、事故物件の伝道師大島てる、地獄の長伊藤えん魔、スピリチュアルアイドル疋田紗也の9名です。
続きはこちら・・・



旧恐怖の現場:樹海に響く死者の叫びー山梨・血で染まる城址に残る怨念ー東京

かなり昔の番組の映像だと思います、アップロード者が旧恐怖の現場というタイトルを付けていますが、現場シリーズよりもっと古い映像ですが稲川淳二さんがメインですし雰囲気や構成が結構似ていますし、これが元になったのかと思いますね。

最も霊に出会えると言う山梨の樹海に稲川淳二さんと霊の存在に疑問を持つ3人の女性を招いて行きますが、4人はこの先で信じがたい光景を見るのであった・・・

ほとんどの人が行かないと言う樹海の先に稲川さんが説明をしながら向かいますが長時間の探索になります。
続きはこちら・・・



関ジャニ∞のジャニ勉:タレコミ稲川淳二の素顔を暴く

これはゲストの関係者から集めたタレコミ情報を元にゲストの素顔を暴いていく番組の映像です。

ゲストは稲川淳二で本当は話したくない背筋が凍る戦慄心霊体験を語り絶叫の心霊写真の公開もします。

最初のタレコミは、いつも怖い話をしている稲川さんでも話す事さえ嫌と言う身の毛もよだつ恐い体験があるみたいですよ、です。
続きはこちら・・・



稲川淳二が認めた怪談界の時期エース話題のネタ生披露

怪談界のレジェンドの稲川淳二さん。彼のライブの映像が少し出ます。そして若手の成長を厳しく語ります。

そんな中でも輝く人が居ると言って時期エースのぁみさんについて語ります。彼の話には優しさがあるそうです。

ぁみさんの説明の後に本人がスタジオに来て実体験の生怪談を披露します。
続きはこちら・・・



稲川淳二の怪談グランプリ2017

毎年恒例になってきた全国各地から召集された実力派怪談師たちが最恐を競いあう企画です。

今回の出演者は司会のますだおかだの岡田圭祐、審査員が大会審査委員長の怪談の神様稲川淳二、オカルト界のトップランナー山口敏太郎、怪談住職三木大雲、葉加瀬マイ、ますだおかだの増田英彦です。

話を語る方たちは道産子女流怪談師志月かなで、怪談作家黒木あるじ、前回優勝者のぁみ(ありがとう)、オカルト女子桜雪(仮面女子)、火葬場ミュージシャン下駄華緒、都市ボーイズ早瀬康広、死を叫ぶ恐怖新聞健太郎、心霊ハンター濱幸成です。今回は東日本の4名と西日本の4名で予選を行って勝ち上がった2名で優勝を争います。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:恐怖の百物語・TV番組に現れた魔物

なぜかビートたけしがカンヌ映画祭で落とされてと嘆いている所から始まりますが、恐怖体験を取り上げていたテレビ番組の存在とそこに現れた魔物の顔とは・・・

有名な怪談話の形式の百物語、中山市郎さんが新耳袋という本を出した後に制作にかかわったのが関西テレビで1991年に半年にわたって放送された深夜番組で「恐怖の百物語」というタイトルの物が始まります。

稲川淳二さんたちがスタジオに訪れた恐怖体験者たちの話に耳を傾けるという企画でしたが収録時にいくつもの魔物が・・・
続きはこちら・・・



恐怖の現場・最終章・特典映像:カメラが捉えた心霊写真・まだあった怪奇現象

室戸岬の廃墟に行った所の解説から始まります、稲川淳二さんが映像を見ながら当時の状況を語ります。

建物の作りが非常に変わっていたそうです、そして侵してはいけないようなすばらしい物があったのか?古墳の上かもしれないなどの謎があります。

そして出演者の女性が一人で現場で待機していたときに撮った写真がでます。その中に見えるオーブが・・・
続きはこちら・・・



北野誠「稲川淳二の人形」

北野さんが稲川淳二さにあったときに有名な人形事件について話したそうです。

元々は人形作りをしている人を紹介してもらって、稲川が持たされた人形を家に置いておいたら家の中のタンスが出ている事があったり高熱が出る事があって・・・

ABCテレビ番組で問題の人形を持ってきて霊能者に見てもらおうとすると・・・
続きはこちら・・・



次のページ »