恐怖のアンビリバボー:聞くと不幸になるテープ~時空を超えた怨念~

聞くと恐怖の襲われるカセットテープ、その存在はまるで映画リングのようです。

聞いた人間が事故に遭うと言うテープの存在、山形県で実際に起こった高校生たちを次々に襲った事件。アンビリバボースタッフがその行方を追った所、時を超えて忍び寄る怨念が・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:恐怖の心霊マップ、取材記者は見た!

心霊スポットの特集の雑誌が刊行されて、その雑誌を担当した記者に恐怖の現象が襲い掛かったそうです。

あるフリーライターの方に心霊スポット取材の話が舞い込んで来ました。

彼は心霊とかを信じていないですし釣り好きの彼は取材場所が釣りの絶交ポイントと重なる所が多いので喜んで引き受けました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー ろくろ腕 「新耳袋より」

それは希望に満ちた門出のはずだった。

起きたのは1965年で場所は福岡県北九州市で、ある一家が父親の仕事の都合で大阪から住まいを福岡にうつしました。

引っ越し先の家はかなり大きな一戸建てなのになぜか破格の安い値段で手に入りました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリーバボー・座ると死ぬ椅子

イギリスに18世紀から伝わる何十人もの命を奪った恐怖の事実。

結婚式で祝福される新郎のバズビーと新婦のエリザベス、そして彼女の父ダニエルは偽札作りをする地元ギャングのボスであった。

バズビーのたっての願いで義父ダニエルが長年愛用してきたイスが結婚祝いに送られました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリーバボー・犬鳴峠の恐怖、トンネル内の霊の正体!

犬鳴峠は福岡県で最も有名な心霊スポットで九州最恐とも言われていて全国でも有名な場所です。

この峠のトンネルは霊の噂や目撃例や恐怖体験が多くて霊的にかなり危険な場所と言う話もあるらしいでが、実際に訪れて調査をします。

この場所に肝試しに行ったときに恐怖体験をした若者達の再現ドラマがありますが、とんでもない体験をしたようです。
続きはこちら・・・



アンビリーバボークリスマス恐怖SP

これは2003年のクリスマスにアンビリバボーで放送されたもので世界中でカメラが捉えた実際の恐怖です。

ドラマSTAFFONLYに現れた恐怖やビデオカメラに写る不可解な者やVシネマに現れたあるはずのない顔などが・・・

海外からはアメリカオクラホマ州で捉えられた廃車置場を彷徨う霊、突然姿を現したアメリカのユタ州の廃校を彷徨う亡霊、台北郊外の公園に出現した恐るべき者や他にも台湾タイペイのある建物の地下駐車場に現れたサダコのような霊、イギリスで炎の中に現れる少女の霊などが・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリーバボー ・ 僕だけの友達~ゆうちゃん

あなたには、いつまでも忘れられない友達はいませんか、これから紹介される方にもそんな友達がいましたが、その友達の記憶は恐怖の体験に覆われていました。

それは当時中学3年生だった男性のある夏の体験でした。

その日はいつもと何かが違っていて周りが妙に静かだったのですが、彼は妙な胸騒ぎがしていましたが、通りすがりの人にきずいて「ゆうちゃん」と呼ぶと・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:幽霊タクシー

体験者が語る深夜のタクシーで遭遇した恐怖です。

女性ドライバーのタクシーに乗った男性が、ドライバーから「お客さんは信じる方なんですか?幽霊とか・・」と聞かれてました。

それから女性が1年ほど前の話を語りだして、若い女の人を乗せたときに・・・
続きはこちら・・・



恐怖アンビリーバボー・悪夢のバカンス~光るマスクの少女

埼玉県在住の男性の方が夏に別荘に遊びに行ったときに起きたという恐怖の出来事です。

1993年の夏に念願の別荘を手に入れた彼は夏に仲の良い友人たちとバカンスに行きましたが、彼が行った地にはある秘密が・・・

場所は東京から2時間ぐらいの閑静な場所にある別荘地ですが、行く前に食事で立ち寄った店で妙な感じがしました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:呪いの刻印・つのだじろうの怪奇体験・浮かび出たもの・・・

これは、つのだじろうさんが色々扱ってきた心霊現象、霊衝の中でも一番すごい事件です。

恐るべき事件は1982年に一人の女性がつのださんの元を訪れた事から始まります。

相談に来たのは当時20歳の女性で、彼女はかねてから奇怪な現象に悩まされていて、不気味なポルターガイスト現象に何度も見舞われていますが、なすすべがなくて・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:心霊アルバイト

夏休みには若い子の中にはアルバイトに精を出す方もいますが、ある女の子たちがあるバイトに参加した。

しかし思いがけない恐怖に遭遇して彼女たちは戦慄の体験をしました。

1993年の8月に東京の専門学校生の女性たちが静岡県で行われたあるイベントのバイトに参加しました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:心霊スポット・禁断のスクープ

夢屋伝兵衛という雑誌があって、それは茨城県ひたちなか市で発行されているタウン誌です。

毎年夏になると雑誌で怪奇特集がありますが、ある年の特集では編集の方が霊能者の方を連れて行こうと言う事になりますが、その霊能者の方は立原美幸さんでした。

嫌がる彼女を説得して行きますが、行く場所は多良崎城跡がある場所の山道や佐白山などの地元の人が恐れる心霊スポットです。
続きはこちら・・・



北野誠の本当にあった怪談・怖い話「アンビリーバボーでも放送された有名な【私にも聞かせて・・・】のテープにまつわる怖い話」

最初に霊が写りにくいがなぜかについて色々と語りますが、電気系統がおかしくなる事が最初に起こる事が多いらしいですが、他に原因があるらしいです。

そしてアンビリバボーで放送された有名な話では色々と実験をしたという話をしますが、その時のテープは他の番組にも貸し出したそうです。

裏話のような部分があありますが、かぐやひめのテープに入った謎の声の話などもあります。
続きはこちら・・・



« 前のページ次のページ »