恐怖のアンビリバボー:呪いのメッセージ 鳴り止まぬ電話

みなさんはいきなり鳴り響く電話の音にドキッとした経験はありませんか?

ある方が聞いた電話の音は背筋が凍る恐怖のドラマの始まりの告げる合図だっあのです。

体験者によると転職して会社が用意してくれたマンションで暮らすことになって一家の新たな生活が始まりますが・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー ろくろ腕 「新耳袋より」

それは希望に満ちた門出のはずだった。

起きたのは1965年で場所は福岡県北九州市で、ある一家が父親の仕事の都合で大阪から住まいを福岡にうつしました。

引っ越し先の家はかなり大きな一戸建てなのになぜか破格の安い値段で手に入りました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:恐怖の円形校舎・そして霊は姿を現した

札幌から2時間の所にいる情報の投稿者のSさんを訪ねる所から始まります。

Sさんは霊の存在に関心があって実際に行って恐怖体験をしています。

その方が調べてほしいと言う場所は北海道の美唄市の廃墟の町のある円形校舎と呼ばれる廃校で、窓辺に立つ人影の目撃例が後を絶たないそうです。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:柴田理恵~楽屋の訪問者

柴田理恵が過去に名古屋にある大衆演劇場に地方公演に行ったときの体験の再現です。

その頃、小さな劇団に所属していた柴田さんは15人の劇団員と公演先である名古屋の劇場に来ていました。小さな劇団なので宿泊施設に泊まれる事はめったになくて、この日は楽屋で雑魚寝して一夜を過ごす事になっていました。

夜に皆が寝た後に疲れで彼女は深い眠りに入っていった、その後に目を覚ましたときに・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:撮影スタッフを襲った恐怖・謎の少女の正体

とある山奥の村を訪れたときに起きた出来事で、撮影スタッフが次々と恐怖に見舞われますが、その影には恐るべき事実が隠されていました。

そして現場の取材に行ったアンビリバボーのスタッフが映した映像に謎の物体が映りこんだそうです。

場所は長野県某所で1991年にテレビドラマの撮影の為に大勢のスタッフが訪れましたがドラマの撮影中に恐怖が・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:心霊スポット・禁断のスクープ

夢屋伝兵衛という雑誌があって、それは茨城県ひたちなか市で発行されているタウン誌です。

毎年夏になると雑誌で怪奇特集がありますが、ある年の特集では編集の方が霊能者の方を連れて行こうと言う事になりますが、その霊能者の方は立原美幸さんでした。

嫌がる彼女を説得して行きますが、行く場所は多良崎城跡がある場所の山道や佐白山などの地元の人が恐れる心霊スポットです。
続きはこちら・・・



アンビリバボー:戦慄!掘ると死ぬ!呪われた埋蔵金 決死の大発掘スペシャル

それは1通のメールから始まりました。

地図にない恐ろしい村、恐ろしい村の杉沢村伝説の放送以来にアンビリバボーでは地元の謎を調査してほしいという依頼が多いそうです。

その中に伝説の謎についての調査以来メールの中に異彩を放つ物が・・・それは夢とロマンが入り混じった財宝伝説でした。

十三塚という場所に埋蔵金がある言われているが、その場所は祟りのある墓所で伝えられる不気味な話がありました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:心霊アルバイト

夏休みには若い子の中にはアルバイトに精を出す方もいますが、ある女の子たちがあるバイトに参加した。

しかし思いがけない恐怖に遭遇して彼女たちは戦慄の体験をしました。

1993年の8月に東京の専門学校生の女性たちが静岡県で行われたあるイベントのバイトに参加しました。
続きはこちら・・・



恐怖アンビリーバボー・悪夢のバカンス~光るマスクの少女

埼玉県在住の男性の方が夏に別荘に遊びに行ったときに起きたという恐怖の出来事です。

1993年の夏に念願の別荘を手に入れた彼は夏に仲の良い友人たちとバカンスに行きましたが、彼が行った地にはある秘密が・・・

場所は東京から2時間ぐらいの閑静な場所にある別荘地ですが、行く前に食事で立ち寄った店で妙な感じがしました。
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:呪いの刻印・つのだじろうの怪奇体験・浮かび出たもの・・・

これは、つのだじろうさんが色々扱ってきた心霊現象、霊衝の中でも一番すごい事件です。

恐るべき事件は1982年に一人の女性がつのださんの元を訪れた事から始まります。

相談に来たのは当時20歳の女性で、彼女はかねてから奇怪な現象に悩まされていて、不気味なポルターガイスト現象に何度も見舞われていますが、なすすべがなくて・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリーバボー ・ 僕だけの友達~ゆうちゃん

あなたには、いつまでも忘れられない友達はいませんか、これから紹介される方にもそんな友達がいましたが、その友達の記憶は恐怖の体験に覆われていました。

それは当時中学3年生だった男性のある夏の体験でした。

その日はいつもと何かが違っていて周りが妙に静かだったのですが、彼は妙な胸騒ぎがしていましたが、通りすがりの人にきずいて「ゆうちゃん」と呼ぶと・・・
続きはこちら・・・



恐怖のアンビリバボー:心霊写真再現ロケ、新島の恐怖

最初にアンビリバボーの撮影現場で起こったというスタッフを襲った恐怖体験があります。

現場では何度も謎のアクシデントにみまわれていて、撮影中に突然照明が泊まったり音声がうまくとれない事やスタッフを襲う恐怖などもあるそうですが心霊写真の再現ロケでは写真を撮ったという神社でロケをしていると・・・

さらに担当のディレクターが新島で夜中に恐怖体験をした話ですが、この島は夏は観光地として栄えていますが、その一方で因縁を抱えていて処刑場跡や墓地があって霊体験をした人がいます。
続きはこちら・・・



アンビリバボー緊急報告!!地図から消えた悪霊村決死の潜入スペシャル

アンビリバボーでは日本のある場所に・・・背筋を震え上がらせる恐怖の村が実在すると言う情報をつきとめた。その恐怖の村とはブレアウィッチプロジェクトに酷似していて杉沢村と言われています。この村が実在するのかを徹底リサーチします。

杉沢村はインターネット初期の頃に広まった噂で地図から消された村の話が書き込まれて瞬く間に広まった都市伝説です。

それは青森のどこかにあるという村で恐怖の伝説があって・・・
続きはこちら・・・



次のページ »