つまみ枝豆怪談:湯の花温泉

京都の亀岡とい地名の場所にある番組のロケで一般のお宅に行くと言う変わったロケがあったのですが、ロケが二日がかりなのでどこかに泊まる事になりました。

近くにある泊まることになった寂れた湯の花温泉郷の旅館に夜10時についたときに温泉に行くと、旅館にありがちな時間帯などでわけて使うお風呂が3つありましたが広い方の湯船の方に入りに行くと・・・

これはなんと言えば良いのか珍しい旅館ですね、でも、もしも自分が行った旅館がこんなだったらと思うとあれですよね。

湯の花は有名なのでこの話に出て来た所は、もしかしたら今も現役で営業しているのかも知れませんが間違っても泊まりたくはないでうね。

続きはこちら・・・



つまみ枝豆:ドライブ

この話は今から20年程前に起きた不可解な出来事でいまだにどうしてそうなったのかがわからないそうです。

彼の地元は静岡県の伊豆なのですが、若い頃は沼津や御殿場などに遊びに行っていましたが、ある日に後輩と御殿場に遊びに行ったときに、怖い事があったと言い出して・・・

その後輩が些細な事で彼女と喧嘩したときに車から降りて歩いて帰ってしまって・・・

なんとも奇妙な話ですが実際にあったんですね、結構長い話ですしかなり珍しい体験なのかもしれませんね一体なぜこんな事になったんでしょうかね。

続きはこちら・・・



つまみ枝豆:あの世との通り道

霊が最も多く現れる場所は水辺という話があるらしいのですが、そしてもうひとつはトンネルですがトンネルは別名あの世との通り道とも言われているそうですがそれだけ空気が吹き溜まるそうですが・・・

彼がある番組の企画で行った愛知県の心霊スポットを6か所ぐらいを霊能者のおばさんと5人の若い女の子と巡るのですが、そのときに行ったよく出ると言われているトンネルでは・・・

愛知県のどこなのかは、この話の中で分かりやすい特徴が出るのでわかる人にはわかると思いますね、たぶんあの場所だと思いますが愛知では有名で屈指の恐怖スポットらしいですね、だからとんでもない事になったのかもしれないですね。

続きはこちら・・・



つまみ枝豆:WC

業界用語でいう所の営業と言う仕事が新潟県でありまして、その仕事はTV関係なくて地方のイベントとかに行って1時間とか30分ぐらいのショーをやる仕事なのですが、昼間は機械が動いて賑やかな工場ですが休みの日だったので閑散としていて・・・

工場長のと一緒に応接室に打ち合わせに行ったあとに食事をしてから時間があったのですがトイレに行きたくなって・・・

現場の人が言う事は聞いた方が良いのかもしれませんね、何もしらないで「まあいいか」と軽い気持ちで行動すると、ときとしてとんでもない事になるのかもしれません。

新潟のどこかはわかりませんが、このWCはいったいなんだったんでしょうかね、どこにあるんでしょうか、行きたくない場所ですね。

続きはこちら・・・



つまみ枝豆怪談:火葬場+「心霊スポット火葬場跡の探索」

当時の地元の伊豆の田舎にあった今は使われていない幽霊の出る噂があると言われているある火葬場跡がありますが、その場所に面白半分で友人たちと肝試しに行くと・・・

たとえ霊の噂がなかったとしても正直言って面白半分で行くような場所ではないですし、ある意味とんでもなく恐ろしいスポットに足を踏み入れたんではないかと思いますね、当然ながら何かが起こるのはある意味当たり前なのかもしれないですね。

途中から枝豆の話に出てきた火葬場跡に20数年ぶりに行きますが今現在はもうなくなっていますが、その跡地に深夜に行き探索をしますが・・・

続きはこちら・・・



つまみ枝豆怪談:黒メガネの男

小学6年生ときに体験した話、それは初めて霊体験と認識したという奇妙な出来事でした。

伊豆の白浜という海水浴場に遊びに来て泳いでいた時に海底に・・・

続きはこちら・・・



« 前のページ