いけにえの村

生贄の村はコミックナタリーのマンガ「怪物王女10巻限定盤」のドラマCDに収録された怪談で稲川淳二が語っています。

それは静岡に住む知人がいるのですが、彼は大変な写真好きで休日にはカメラ片手に日本中あちこちに行って目にした物を撮るのが趣味でしたが、ときどきおかしな物が写ると稲川さんの事務所に送ってきますが・・・

彼の中学生の息子の友達がある月食の晩に体験した恐ろしい出来事で、家の手伝いで冷凍された魚を運ぶトラックに乗って山の中の県道を走っていると・・・

漫画の特別付録にしては珍しい内容だと思いますしなぜか怖い話ですね、漫画との関連性もあるとかないとか・・・


前篇

後編

予備
前篇

後篇

« »
カテゴリー 稲川淳二の怪談

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)