熊本県、石塘

石塘は熊本県にある人柱の橋です、この付近で夜にカチカチと音が聞こえたり石が転がってくるなどの不思議な噂があるらしいです。

加藤清正と言う人物が1605年に完成させた橋ですが工事がうまくいかなかったために人柱が使われた伝説が今も残っています。

現在は人柱となった人を慰める慰霊碑が立っております、周囲は公園になっていますが、そこにある橋は古すぎるので老朽化が相当に進んでいてかなりひどい状態です。

人柱があるらしい所は色々ありますが、ほとんどが霊の噂や目撃例があるらしいですし、この場所もそういったところのようです。


« »
カテゴリー 心霊スポット

コメント

コメント(1)

  1. 紅のプー太郎

    加藤清正が、この付近一体を視察したおり、菊池川の流れを変更して埋め立てたら、広大な農地が出来上がるのに目をつけ、工事に着手しました。
    かいすいが入って来ない様にするため、石塘橋の潮止め工事が完成しては何度も壊れるので、故事にならい横にある横島山から高僧が読み上げる読経の中、人柱を立てて完成し二度と壊れなくなったそうです。

    だいたいこんな感じだったと思いますけど、心霊スポットに含めるには違和感があり、行かれた際には悪ふざけやイタズラは慎んで下さい。

    返信

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)