7台目の幽霊ボート

1954年の徳島新聞に掲載された怪異談で沸く鳴門・問題の幽霊ボートまたも転覆騒ぎという記事に出ていた物で、当時行われていた競艇の判定写真に写りこむはずのない7台目の謎の黒いボートの姿が・・・

競艇の最中に現れたという事は見に来ていた人の中にはこの謎の黒い船を見た人もいたんでしょうか・・・

日本の新聞でこういう記事が出るのは珍しいですが、年代がすごく古いのですが昔はこういった記事が新聞に載る事があったんですかね。

このボートが出るとよくない事が起きるそうですが謎の7台目がなぜ出現するのかは不明のままですが、このレースの配当はどうなるんでしょうか、詳しくはわかりませんが無効になったりしたんでしょうか・・・

続きはこちら・・・



鏡の中の女

それが撮れてからおかしな事が起きるようになった写った鏡の中の女の正体とは・・・

実際におかしな事が起きた時の再現ドラマもありますが、これはおかしいと言うよりも恐ろしいというべきですね。

なんというか不可思議な出来事ですが、もしもこんな体験をしてしまうと鏡が怖くなる人が出てきそうですね、それにしてもこの鏡にはいったい何があるんでしょうかね、なぜこんな事がおこるんでしょうか?

思い切って霊能者にでも見て貰った方が良いんじゃないかと思いますね、もしかしたら原因がわかって何か新しい発見でもあるのかもしれませんよ。

続きはこちら・・・



湖の子供の手、誕生日の赤い顔

最初に湖で写した写真の不可解な場所に謎の子供の手が出てる物が出ますがこれは複雑な鏡効果のような霊らしいです、もう一枚は誕生日に出る大きな赤い顔ですが憑依霊らしいです。

湖は過去に何かがあったりしていわくつきの場所の可能性がありますから場所に問題があるのではないかと思いますが、誕生日の方は場所ではなくて本人になにかの要因がありそうですね。

もしも霊の出る原因が場所ではなくて自分だったりすると相当に怖いですよねまして誕生日だったりするととんでもない事かもしれませんね。

鏡効果というのがいまいちわからないのですが、鏡には魔力が宿るとかいう感じの事なんでしょうかね?

続きはこちら・・・



神社の憎しみの顔、左腕の異変

USOで放送された物です。
ある若者が神社にお参りにいったときに撮った物に写った不気味な顔、そして左腕に起きたとんでもない異変の2枚の写真がでます。

神社の方は憎しみが関わっているらしいのですが、本来神聖な場所でこういう者が現れるのはかなり恐ろしい事のようですね、はたしてこの神社でお祓いすれば解決するのか?

腕に起きた異変は本人の身に何かが起こる可能性がありそうですが、写っている人は腕に注意した方が良さそうですし専門家に相談する事も考えた方が良さそうですね。

続きはこちら・・・



頭に謎の顔、テーブルに別の顔

最初に子供と一緒に移る母親の頭に謎の顔が浮き出た物が出ますが、次のやつが非常に珍しくてさらに怖くテーブルにうつる子供の顔が別の顔に・・・

頭に起きた異変も珍しいですし普通はまずありえないのでうが、テーブルの方の異変はかなり珍しいと思いますね、反射と言うか鏡面のような物に写る霊と言うのはかなり珍しいですね。

鏡とは古来から真実を映すとか魔力があるなどと言う話が色々とありますが、今回現れた者もそういった関連で現れたんでしょうか?

それにしても鏡もしくは同じように何かを映すものに実際とは違う物が現れたらかなり恐ろしいですね。

続きはこちら・・・



軽井沢の炎の中にいるのは・・・

軽井沢で花火をしている子供のそばの赤い炎の中に宙に浮くようなおかしな者が・・・

これは動物霊も混じった複数の霊という非常に珍しいらしいです。

軽井沢と言えば軽井沢大橋が自殺が多くてそのせいで心霊スポットになっているのが有名ですが、他の場所に霊が出ると言う話は今までに聞いた事がないんですが、この写真のように別の場所でも霊の存在が確認される事もあるんですね。

花火の様子に現れた物は複合霊とでもいうような様々な物が混じった存在のようですね、ある意味橋の方には現れないような珍しい霊なのかもしれませんね。

続きはこちら・・・



奇妙な恐ろしい怪物のような顔が映る

夜に数人の人を移した写真ですが1人の顔が別人の顔・・・いや人じゃないですねこれは、いったい何者の顔なんでしょうか・・・複合霊?

これは非常に珍しいと言うか、最初に見たときはとても驚きましたしありえへん!と思いました。

体の一部が欠ける現象はあるようですが、まさか別人どころか完全に人外に見えるというかなんだかわからない何かになってしまうのは初めて見ました。

霊的な原因でこういう事ってあるんですね。

続きはこちら・・・



« 前のページ