実話怪談倶楽部

科学では、そして常識では説明できない不可思議な体験。それは私たちの身近に確かに存在する・・・

主宰は兵頭大樹さんです。怪談自慢の喋り手が集ってそれぞれのとっておきの話を披露すると言う会員制のサロンです。

ゲストは朝日奈央で彼女が一番怖かった話を最後に選びます。一番怖かった話はMVKに認定されます。話をする怪員はありがとうぁみ、中山市朗、松原タニシの三名です。

途中からは全国怪談行脚で地方に調査に行きます。
続きはこちら・・・



笑っていいともテレフォンショッキング:原信夫さんの怖い話

笑っていいとものテレフォンショッキングにミュージシャンの原信夫さんが出演したときに怖い体験談を話したときの映像です。

原さんが今地方はビジネスホテルが立っていますが、と言った時にタモリさんが昔は旅館だった旅館気持ち悪いでしょと言うと原さんがそれは経験ありますと言いました。

これは忘れません初めての経験ですと言って自身の体験を語ります。
続きはこちら・・・



「死が続く部屋」「住むと死にたくなる部屋」… スピードワゴン小沢絶叫 戦慄走る怖い話、松原タニシ住んできた事故物件を紹介

スピードワゴンの月曜The NIGHTで見たり聞いたり訪れたりした中で特に印象深かった物件を紹介していく物です。

語るのは事故物件住みます芸人の松原タニシで、今までに自分が住んだ事故物件6件を紹介します。大島てるサイトの情報も出ますし運営者本人も出演しています。

地元で有名な幽霊マンションや史上最ヤバ事故物件などいかにも感じがしますね。
続きはこちら・・・



最恐! 怪談夜話

これは怪談とその名人の話芸を楽しむ楽しむ番組です。今が舞台の現代の怪談が語られます。

司会は佐野史郎、荒俣宏、アナウンサーの中川緑で語り部はつまみ枝豆(タレント)、中澤裕子(歌手・タレント)、安曇潤平(作家)、加門七海(作家)、中山市朗(作家)、東雅夫(文芸評論家)です。

最初のオープニングでつまみ枝豆さんが中学生の時に初めて体験した怖い霊体験を語ります。ある日に自転車に乗って帰るときにいつもよりもペダルが重く感じて・・・
続きはこちら・・・



有田チルドレン 夏休み特別企画・次世代・心霊芸能人SP

これは2015年の8月に放送されたバラエティ番組です。

有田哲平が 芸能界の一大勢力「有田軍団」形成するためオーディションを開催するという番組で、ポスト稲川淳二が集結して次世代心霊タレントを決めます。

出てくる方は他の番組で怪談や恐怖体験を何度か語った事がある人が多いですし様々な恐怖体験談がゾクゾクと出てきます。

有田さんによると怖い話+αがあれば良いらしいです。
続きはこちら・・・



不安奇異夜話 「一人で歩いてる女の子」 SHIN

そういうものを見てもあまり気にならないタイプで見過ごしちゃうと言って話始めます。

自宅とは別の場所にあるアトリエで仕事したりしていますが、仕事帰りの朝方3時とか4時に体験した事を言います。

そういう時間帯なのに女の子が一人で歩いているのをみて・・・
続きはこちら・・・



噂のどうなってるの:実録現代版「雨月物語」実録!雨の日のコワい話

これは噂のどうなってるのという1993年から2001年まで放送された番組のオカルト特集のときの映像で、なぜ雨の日に恐怖を感じるのかを命題に皆さんから寄せられた雨の日の怖い体験を特集します。

ゲストで北野誠さんが出ていてロケで行った心霊スポットでの体験などの話をします。

最初の話は岡山県の女性の怖い体験で再現ドラマが出ます。専門学校の仲間5人でアパートの一室で飲み会をする事になって途中で百物語をすると・・・
続きはこちら・・・



サンドウィッチマン「墓地で霊と話し込んだのは」 18歳の時の肝試しでついに遭遇してしまった!

これは「ごきげんよう健介恐怖のあまり北斗から逃亡」にお笑いコンビのサンドウィッチマンの二人が来ていてオープニングコーナーで語っていた恐怖体験です。

二人がまだ18歳の頃に肝試しをしようと車でお墓に行きました。

富澤さんが怖くないと言うので伊達さんが彼ひとりを墓地の真ん中に残して車で逃げて時間が経ってから戻ってみると・・・
続きはこちら・・・



ひとりで見るプリッツ夏の怖い話 決定戦

これは江崎グリコ主催で2017年8月にライブ配信された映像で5人の怪談師が一人2つの話を語ります。

MCは、ますだおかだの岡田さんとグラビアアイドルの杉原杏璃さんです。

話を語るのは、なすなかにしの中西茂樹、ピン芸人・オラキオ、怪談師の山口綾子、事故物件サイトの管理人の大島てる、怪談師の牛抱せん夏の5名です。
続きはこちら・・・



稲川淳二が認めた怪談界の時期エース話題のネタ生披露

怪談界のレジェンドの稲川淳二さん。彼のライブの映像が少し出ます。そして若手の成長を厳しく語ります。

そんな中でも輝く人が居ると言って時期エースのぁみさんについて語ります。彼の話には優しさがあるそうです。

ぁみさんの説明の後に本人がスタジオに来て実体験の生怪談を披露します。
続きはこちら・・・



稲川淳二の怪談グランプリ2017

毎年恒例になってきた全国各地から召集された実力派怪談師たちが最恐を競いあう企画です。

今回の出演者は司会のますだおかだの岡田圭祐、審査員が大会審査委員長の怪談の神様稲川淳二、オカルト界のトップランナー山口敏太郎、怪談住職三木大雲、葉加瀬マイ、ますだおかだの増田英彦です。

話を語る方たちは道産子女流怪談師志月かなで、怪談作家黒木あるじ、前回優勝者のぁみ(ありがとう)、オカルト女子桜雪(仮面女子)、火葬場ミュージシャン下駄華緒、都市ボーイズ早瀬康広、死を叫ぶ恐怖新聞健太郎、心霊ハンター濱幸成です。今回は東日本の4名と西日本の4名で予選を行って勝ち上がった2名で優勝を争います。
続きはこちら・・・



業界トップニュース知られざる怪談業界

これは業界トップニュースで放送された物で3人の専門家の方が取材をして集めたイチオシの怪談が語られますし業界の話などもあります。

最初に語るのはポスト稲川淳二と言われる怪談師の神舞で、その話は「聞こえる音」という話でAさんという学生の方の話でAさんは実家住まいで彼の部屋は2階にあって・・・

さらに土田晃之さんがホテルで体験したという体験話が語られます。
続きはこちら・・・



不安奇異夜話 「お供え物」 美棒の怪談

美棒さんの友達の鑑定やっている人がよく供養もやるそうです。

その方に言わせると亡くなった方は甘い物が好きで、御供え物をするならば基本はあんこの物だそうです。

ぼたもちとかまんじゅうとか、それがなければおにぎりとかなどを欲しがるそうです。

そしてそれらにまつわる怪談を語ります。
続きはこちら・・・



« 前のページ次のページ »