稲川淳二の怪談グランプリ2016

今回の舞台は近畿地方某所のとある廃墟で二十年以上手つかずになった闇の空間に日本最恐の語り部たちが召集されました。

そして今回は今までとルールを一新して「悪霊」「憑依」などの忌まわしい言葉をテーマに怪談が語られて、最後に全員の多数決でグランプリが決定されます。

今回の出演者は大会委員長稲川淳二、司会がますだおかだの岡田圭右で審査員がますだおかだの増田英彦、山口敏太郎、おのののかです。

話を語るのがあの世とこの世の伝道師・三木大雲、都市伝説の貴公子・島田秀平、覆面美女怪談師・観雪しぐれ、かわいすぎる語り部・山口綾子、怪談アミーゴ・ありがとうぁみ、吉本からの肉弾・ガリガリガリクソン、和歌山の暗黒怪談師・竹内義和、事故物件住みます芸人松原タニシの八名です。

今までのように前もって語る話を用意しているわけではないので難しそうな感じがします。

最初のお題は「悪霊」でぁみさんがトップバッターで自分が体験した話を語り、次の島田さんも同じお題の話を語ります。

その後は「首」などの様々な怪奇なお題で色々な話が語られ一部に都市伝説のような物も語られますが実際に撮れた写真が出たりしますがどの話も相当に怖いですね。

合間に稲川淳二、山口敏太郎、おのののかも怖い話を語ります。


予備


予備

« »
カテゴリー オカルト・不思議、特番・特集動画, 怪談・怖い話・恐怖体験

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)