恐怖アンビリーバボー・悪夢のバカンス~光るマスクの少女

埼玉県在住の男性の方が夏に別荘に遊びに行ったときに起きたという恐怖の出来事です。

1993年の夏に念願の別荘を手に入れた彼は夏に仲の良い友人たちとバカンスに行きましたが、彼が行った地にはある秘密が・・・

場所は東京から2時間ぐらいの閑静な場所にある別荘地ですが、行く前に食事で立ち寄った店で妙な感じがしました。

その後に夜に肝試しをやろうかと言う話になって・・・

あの若さ別荘を持っているというのがある意味すごいと思いますが、わけありで安かったりしたんでしょかね?

この話に出てくるマスクは自分は欲しくなりました。ジェイソンマスクと言われる物だと思いますね。

この別荘地は今も存在していて利用している人もいそうですね。

« »
カテゴリー その他・オカルト怪奇・短編・部分

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)