恐怖の現場・最終章~震撼・・・霊魂が誘う迷宮霊界

今回の現場は熊本県で行く場所は九州でかなり有名な阿蘇山・阿蘇大橋・阿蘇観光ホテルの最初に同名が入る3つの場所で、同行者は数々の霊体験を持つ二宮歩美と霊の存在を信じる奥山奈々です。

今回は心霊スポットのまだあまり知られていない事を検証するそうですが、身投げの噂のある火口から始まり、その後には自殺の名所の橋に夜に行きますが探索中に謎の声などが・・・

そしてメインの現場の戦前に建てられたという観光ホテル跡の廃墟に行きますが、入り口で落書きについての詳しい話を語ってから建物内部に入っていくと・・・

内部にはドアがぶち破られた部屋やなどがありますがあちこちが破損していて物が散乱していますし、地下もあってかなり広くて入り組んでいて本当にタイトルのような迷宮みたいです。

途中で稲川さんがなぜここが心霊スポットになったのかや過去に体験した出来事を語りますが、この場所の歴史などの詳しい説明がありますが起きた出来事はかなり怖いですが、それからさらなる検証に行きますが・・・













« »
カテゴリー 稲川淳二恐怖の現場

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)