恐怖のアンビリーバボー ・ 僕だけの友達~ゆうちゃん

あなたには、いつまでも忘れられない友達はいませんか、これから紹介される方にもそんな友達がいましたが、その友達の記憶は恐怖の体験に覆われていました。

それは当時中学3年生だった男性のある夏の体験でした。

その日はいつもと何かが違っていて周りが妙に静かだったのですが、彼は妙な胸騒ぎがしていましたが、通りすがりの人にきずいて「ゆうちゃん」と呼ぶと・・・

7年前に彼は近所の子供たちが集まる広場で仲間に入れないでいたのですが、そんな彼に優しい声がかかってきて、仲良く遊ぶ年上の友人ができました。

昔の記憶で小学生の頃の事とかだと曖昧な人も多そうですが、無意識のうちに記憶から消したりしている事がある場合もあるらしいですが、そうでない場合も・・・

« »
カテゴリー その他・オカルト怪奇系・短編系

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)