恐怖のアンビリーバボー ・ 未解決ミステリー・七人坊主の祟りとは?

1995年8月に伊豆の八丈島で奇妙な忌まわしき事件が起こりました。

お盆の直前に身元不明の焼かれた遺体が発見されましたが、なぜか7体でしたが謎に包まれていました。

事件の背後から浮かび上がるのは数々の奇怪な事実と島に伝わる祟りの伝説、そして驚くべく結末が・・・

人口約1万人の八丈島は夏には多くの観光客が来る場所ですが、島唯一の火葬場である事件が起きたのが始まりでした。

当時の状況から密室系のミステリーのような感じがしますが、謎が多いですが地元の方から話を聞いたり島の伝承などを詳しく調査をしますが、島民たちが言い知れぬ恐怖を抱いていました。

当時は話題になりましたし八丈島火葬場七体人骨事件という謎の多い事件として怪談や都市伝説などでも語られているそうです。

« »
カテゴリー その他・オカルト怪奇系・短編系

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)