恐怖のアンビリバボー:すすり泣く木の恐怖 秘められた怨念

場所は北海道夕張郡栗山町、有名な御菊人形が安置されている所の隣町です。御菊人形以上に地元の人たちを震撼させた怪奇現象を起こす木が存在しています。

その木は女の人のすすり泣くような声で泣く木です。その情報を入手したスタッフが北海道に調査に行きました。

何故木が泣くのか、そこには身も凍る恐怖が・・・

現地の国道には何かを避けるような不自然なカーブがあって、そこは交通事故が多発する危険地帯です。

明治の北海道開拓時代に作られたこのカーブの道路は大木を避けるように作られていました。そしてこの頃から始まった恐ろしい呪いが起きて・・・

画質が悪くて見づらい部分があります。

予備

« »
カテゴリー その他・オカルト怪奇系・短編系

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)