ガキの使い 世界怪談サミット2016

世界各国の外国人タレントが自国の怖い話を披露してその話を日本人が聞いても本当に怖いのかをガキ使メンバーの5人が検証する企画で前回の2015に続く第2弾です。

最初に語るのはスイス代表の春香クリスティーンで「時計台に眠る市長」と言うスイスのとある町の教会の話です。

他の出演者はコンゴ代表のウェテ・ムルアカ、ブラジル代表のマルシア、イタリア代表のパンツェッタ・ジローラモ、ナイジェリア代表のボビー・オロゴンです。

最後にレギュラーメンバーが選んだ誰か一人に母国語で怪談を語ってもらいます。

文化の違いはありますが、話によっては怖いのではないかと思いますね。

予備動画もあります。

予備

予備

« »
カテゴリー オカルト・特番・特集・長編動画, 怪談・怖い話・恐怖体験

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)