「居抜き店舗の過去」ファンキー中村

中村さんがバブルの良い時代に自分で喫茶店をやっていたのですが、その頃に体験した話を語ります。

その頃に札幌の街のある一角にあるGという通りがあって、車通りがそこそこにある場所でそこで店を始めました。

前のオーナーは体調不良で辞めたのですが、その後に店を始めました。

前のオーナーがやっていたときの常連さんも来てくれましたが、自分は自分のやり方でやっていると新たな人たちが来るようになったが、トイレでおかしな音が聞こえる事が何度もあって・・・

G通りがどこなのかはわかりませんが、この店の建物はいまもあるのかもしれませんね。

« »
カテゴリー 怪談ぁみ語

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)