「会釈をする女」ありがとうぁみ

どこなのかわかりませんが屋外で後ろに道路があるように見える所で深夜に語ります。

後輩でやじまりと言うのが居るのですが、彼は田舎出身で彼の実家というのが、大きな川が流れている所のそばにありました。

彼が高校生の頃に川の向こう側に当時つきあっていた彼女の家がありました。

川の向こうに恋人の家があると言う珍しいシチュエーションが、色んな事が思い浮かびそうな感じがしますね。

体験した場所が自分の家の付近ですし当時は生活にどうしても必要だったそうなので逃れようがなかったようです。

大きな川のある田舎でしかも川のそばに家があるというのはあまりないと思いますが、話の所がどこかは不明ですね。

« »
カテゴリー 怪談ぁみ語

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)