「下り階段を最後に降りていて」りゅうあ

りゅうあさんが知り合った女の子から聞いた話をします。

その子が朝に出かけて行って昼過ぎぐらいに自宅の最寄り駅に帰ってきてます。

駅だから階段を降りるときに・・・

これは完全に霊の仕業だと思いますね。気のせいで終わる場合もありますが、これは気のせいで終わらせるのはきついですね。もしも場所が違っていたら完全にアウトになりますしね。

日常の何気ない所に潜む恐怖と言うような感じでしょうか。

どこにある駅で起きた出来事なのかはわかりませんが、こういう何かが潜んでいるような駅には行きたくないですね。

凄く短い話ですが、ぁみさんたちも怖がっていますし本当に怖いですね。

« »
カテゴリー 怪談ぁみ語

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)