「コンビニへの道」DJ響

DJ響さんが一年ぐらい前に音仲間と一緒に富士山近くのペンションを借りて旅行に行ったときの体験談を話します。

10人ぐらいの一緒にイベントとかをやっている仲間を集めて行って夜中に怖い話をしました。

集まった人たちでひたすら怖い話をしていると、一人の女の子がだんだんと真っ青になってきて、「すいません私もうだめです」と言って・・・

その女ん子はそれから寝てしまいます。怖がらせすぎたのかと思ってその日は皆寝る事にしました。

次の日のチェックアウトぎりぎりの時間に、その女の子がコンビニに行ってきますと言って出ていきました。

しばらく待っていたけども全然戻ってこないので皆で探しに行くと・・・

« »
カテゴリー 怪談ぁみ語

コメント

コメントする





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)